ブログは、 http://ameblo.jp/kiyomi-anpiel に切り替わりました。 こちらのURLをご登録の上、お楽しみください。
-- / --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


06 / 18
我が家の朝の風景はいつも娘のお弁当作りから始まります。息子のときは、お弁当をもっていくのを嫌がってくれたおかげで、とても楽だったのですが、娘は必ずお弁当持参でなければならない毎日なのです。女の子はどこのご家庭にも多いとお聞きしますが、おかずの色の組み合わせが暗いとか、おかずの品数が少ないとか、何かとクレームを言われてしまいます。

 まさしく今朝もばっちりお小言を言われた日でした。
 怒りの感情をぐっと抑えて、何もなかったように見送るしかありません。

 でも私はこんな日に必ずサロンに来て、何度もスタッフに聞いてみます。
    「みんなは高校生のときはどうだった?」

 すると、必ず、みんなは言ってくれます。
    「私たちもその時代は何でも親に文句を言いたかったですよ。
     ひどいことを言ってたなと今は思います。」

 それを聞いて、私も安心。スタッフのみんなを見ていると、そんな時代を過ごして、こんなに心優しき人間になる日がくるのかと 未来をほっとし ます。

 でも最近はこう思うようになりました。娘の女子校生活の6年間のお弁当作り。これが最後のお弁当作りの日を想像すると涙が出てしまいます。きっと、さびしいだろうなあ。恋人にお弁当をあげるようにこっそり「好き」なんておにぎりに書いてみようかな。そんな、まだまだ先のことを一人思いめぐらして、気分をよくします。
 それでも毎朝、娘のお弁当への執着心と戦う日々は続くのです。

 仕事でも勉強でも苦しいとき、つらい時、最後の成功のワンシーンだけのために頑張ってみるのもよいものです。私も繰り返し変わらない毎日ですが一日の最後の達成感だけを感じるために頑張ります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。