ブログは、 http://ameblo.jp/kiyomi-anpiel に切り替わりました。 こちらのURLをご登録の上、お楽しみください。
-- / --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


06 / 20
今朝、午前中の男性のお客様が私に言ってくださった言葉。


「今朝、娘が急に朝早く、散歩に行ってくるといって、出かけたんです。そして缶コーヒーを買ってきてくれたんですよ。父の日だからなんて言いながらね。いやあ、嬉しかったです。覚えてくれていたんだなあ。今朝は二人で久しぶりにゆっくりご飯を食べました」

 もうそこまで、お話をしてくださったときには私の顔は涙でぐちゃぐちゃ。返事もできず小さな声で「本当によかったですね」と答えました。

 ご家族の本当のお話を聞かせていただいている私は、そのお父さんにとっての缶コーヒーは120円よりも100倍高価なプレゼントだったのを知っています。

   母を亡くしたばかりの娘が、今、父を支えようと生き始めている。
   妻を亡くしたばかりの父が、娘のために未来を信じようとしている。

 「先生、今度、娘も連れてきていいですか」

 もちろんですよ。私も子供のころに母を無くして、悲しむ父を支えるのに
一生懸命でした。大切な人をたとえ亡くしたとしても、前だけみつめて生きていくしかないのが人生。

   父の日の缶コーヒーが彼の力となりますように。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。