ブログは、 http://ameblo.jp/kiyomi-anpiel に切り替わりました。 こちらのURLをご登録の上、お楽しみください。
-- / --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


06 / 25
珍しく今朝はスケジュールの中に、半休をとっていました。次までのお休みまでに日数がずいぶんあくので、一呼吸しようと偶然いれたお休みだったと記憶しています。でもこの半日のお休みにもきちんと意味があったのです。ずっと通っていてだいているお客様から今週にはいってすぐにいただいたお電話。それはご主人の病態の件でのご相談でした。ずっと患っていらしたご主人様の癌がよくない状態であるとのこと。なかなか、癌でも入院できない最近の現状でありながら急な入院が決まったというご報告でした。わたしはその電話で、丁度用意されていたこの時間をつかって、即座に築地の病院にうかがいました。
 半分、眠りに入っている彼の足を私はそのお嬢さんと一緒にゾーンセラピーをやりました。けっして、こんな日のために勉強していただいたわけではないけれど、彼女は私の学校の卒業生なのです。
 短い時間でしたが、ソーンセラピーの最後は彼の手を両手でしっかり握りしめて、身体中に良い気が回るように私の手からでてくる温かさを伝えました。

 安心したように、ぐっすり眠りにはいった彼は、私の手を奥様の手と思っているように感じられました。

 病室をでた私たちは、フロアーロビーで、今後のことをお話しました。

 私は、その時に人間の身体と一生を学ぶということは本当にすごいことだなと感じました。自分の親であるその人の生涯最後を最高の時間にするために、悲しみの感情ではなく、冷静な愛情で、自らの父を素敵に生かしてあげようとしている姿。

 私は学校で勉強してもらって本当によかったと思いました。


  「人間はこの世という空間に出張してきているにすぎないのよ。
   生れてきたときは、何かのミッションでこの世に生をうけて
   そして、魂だけにかわるとき、そのミッションを終えて還って
   いくもの。だから、お父さんの生れた使命を達成させてあげよ
   うよ。」

 共に、同じ学舎で学んでくれた仲間だから、伝えることのできる真実のメッセージです。私のできるわずかにできるお手伝いは、教え子の家族が生まれて良かったと思える時間を過していただくことしかありません。

 「秋にみんなで温泉に行こうよ。だってお父さんの足はま自分の力でもういちど歩けるようになると思うから。」

    ゾーンセラピーは生まれてから旅立つまでのお手伝い。
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。