ブログは、 http://ameblo.jp/kiyomi-anpiel に切り替わりました。 こちらのURLをご登録の上、お楽しみください。
-- / --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12 / 01
いつものように今年最期の月が始まりました。
 いつものように大掃除、大祓いの日まで、サロンじゅうを磨きます。
 いつものように、営業前に朝礼を行ないます。
    「アンピールのお約束」
 いつものようにみんなで心静かに言葉と声を自分の心に刻みます。

 でも、私のデスクの前にいつも座っているスタッフが今日からいないんです。社長以外全員が女性の会社です。私達アンピールは女性がセラピストを一生の仕事にするために、仕組み作りを少しずつ進化させています。だから、出会いがあればどのタイミングでも、結婚。そして出産。子育てと仕事の両立をしながら、私が今、主人と二人の子供とともに生きる人生を心から幸せだと思うように、みんなにもその環境で自分の道を作ってほしいと願っているのです。

 だから産休にはいるときもあります。わたしにとっては孫が生れるみたいで嬉しい限りです。でも勝手です。サロンの中に響き渡る彼女の大きな声が聞こえないのが何だか変!いつもと違う。「今日は大きな声で仕事をしましょう」スタッフに急な申し送りです。いきなり朝から、あるスタッフが「まだ一日目なんですが、わからないから電話をしてもいいでしょうか」と。「もちろんすぐしてみて」心の中で私こそ、したいくせに。と、思いながら。

 人間はわがままです。いつもの存在がいなくなったときに初めてわかるその人との関係性。だって、さびしいんだもん!!

 あの大きな声で赤ちゃんを抱いて、
 サロンに戻ってきてくれる日を待っています。

  加代子先生って本店の本物の母さんだったのです。
        (「母さん」は彼女の学生時代の呼び名です。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。