ブログは、 http://ameblo.jp/kiyomi-anpiel に切り替わりました。 こちらのURLをご登録の上、お楽しみください。
-- / --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10 / 13
今日の秋晴れの中

お子様の運動会に行かれている方も多いことでしょう。

先週・今週とご来店のお客様の中でも

この話題が何度かでてきました。

「懐かしいなあ」の一言です。

わが子の運動会から遠のいて

何年になるでしょう。

いつも2学期は行事が多くて

スケジュールをとるのが大変でしたが、

今となっては

家族の最大の思い出になっています。

 ある時の運動会の時

  娘と息子が同時にリレーの選手に選ばれたときがあって
  それが決まったときも、子供の前で嬉しくて大泣きしました。
  当日はもうこれ以上の声がでないほど声援して、
  次のサロンの現場では喉がつぶれて、風邪ではありません。と
  言い訳けした記憶があります。
  精一杯頑張る姿に人はいつでも感動すると本当に思えた瞬間です。

 娘の幼稚園の年長の最後のクリスマス会の時。

  全員のお母さんが手作りでクリスマスプレゼントを用意するのが
  決まりになっていた幼稚園。
  娘が、その頃、家では「エステごっこ」なんて言って
  美顔のマネをして楽しんでいました。
  そこで、おもちゃのエステセットを
  夜な夜な作ったのです。
  ところが、当日、当然のように喜んでくれるであろうと
  思っていた私は、
  手渡すと、娘は恥ずかしそうに
  「ありがとう」を決まりのように言って、
  友達の前では隠していました。
  その時は本当に悲しくなったけれど、
  家に帰って、私の職業を友達には知られたくなかったことを知りました。
  それ以降、子供の保護者の方たちに仕事を聞かれると決まって
  「自由が丘で小さな店をやっています」と
  答えるようになったのです。
  いつか、子供たちが両親の仕事を誇りに思ってもらえるようにまるまで
  絶対に頑張ろうと決意をした日になりました。

今、振り返るとその時代

私は親になって、

なんと人間になるためのトレニーングをさせてもらったことでしょう。

仕事でもそうです。

今のたくさんの仲間がいなかったら教えてもらえなかったことがたくさんあります。

徒競走で転んでもまた立ち上がって、

沢山の観衆の中を最後まで走りゆく子供たちの姿。

失敗したことを注意しても

また、同じように志し一つにして働いてくれる仕事の仲間たち。

   この秋空の爽やかな空気のなか
        やっぱり、一生懸命が一番かっこいいと思えたのです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。