ブログは、 http://ameblo.jp/kiyomi-anpiel に切り替わりました。 こちらのURLをご登録の上、お楽しみください。
-- / --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10 / 16
「ありがたし」という言葉を

地球上で最初に言ったのは

お釈迦様でした。

「ひとの生を受けるは難く、

限りある身の今命のあるは有り難し」

というもので、

これは、人が生命を受けることは難しく

必ず死ぬことになっている者が

たまたま生命があるということは

「ありがたい」

ことだという意味です。

これが、そのまま日本に入ってきて、

「ありがたし」という言葉になりました。

この言葉は本来、神仏に向かって使う言葉で

人に向かっている言葉でなかったのです。

予想もできない奇跡的なことが起きた時に

手を合わせて、

「ありがたし」「ありがたい」というものだったのです。

田舎のおばあちゃんを思い出します。

幼かった頃、「ありがたや、ありがたや」と

口癖のように言っていたのを思い出します。

「有り難い」の変化したものが「有難う」

  「ありがとう」の集まる場所はどんなところでも
      パワースポットだと思うのです。

   日本中に大きな風が吹き荒れているこのごろ。

   風と一緒に汚れたものは流れて

   「有難う」がいっぱい集まる日本になりたいな。

   


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。