ブログは、 http://ameblo.jp/kiyomi-anpiel に切り替わりました。 こちらのURLをご登録の上、お楽しみください。
-- / --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


04 / 10
今年の鮮やかな桜の色を見るたびに

日本人の私を再確認します。

桜が嫌いという人にお会いしたこともありません。

何よりも、桜の季節は日本人の心を

踊らせてくれますね。

春と同時に、私達の学校も新しい春をむかえました。

応援してくださる皆様からみると

緩やかな変化にしかすぎないと思います。

でも、来年の春、皆さんが「はっと」して下さる進化を

していく努力をこの一年一年積み重ねていこうと思います。

  先日 お会いしたお嬢さん。

  彼女の中学時代からのお付き合いです。

  成人した今も

  ながい長い長いトンネルを必死で出てこようとしている彼女を

  本当にいつも愛おしく思います。

  施術中の会話です。

  「先生、先日は何だか、失礼な質問だったのか?
   お願いだったのか?すみません。」

  「たくさ~ん、鈴木きよみにお願いしてね((笑)」

  「でも、一つだけわたしからのお願いがあるの。
   結婚式に私を絶対に呼んでね」
      ≪ま~!!何とずうずうしいことでしょう≫

   しかし、彼女は静かに答えてくれたのです。

  「私の亡くなった母の分、きよみ先生に出席してほしいんです」
  
  この言葉をいただいたときに

  私の手は止まり、声がつまり

  そして、我慢しても涙がでてしまったのです。

  たかが、セラピストとの関係なのに

  言葉では表現できないほど、嬉しかったです。

  お母上様が闘病生活の中で

  子供ながらに戦って、よりそっていた

  彼女も知っています。

  子供が背伸びして、一生懸命に生きていた時代。

  私のお手伝いは、ゾーンセラピーとお話しでしかありませんでした。

  「きよみ先生、私いつの日か、結婚なんてできますか」

  「その前に好きな人に出会う事だけど

   絶対、大丈夫!!!」

  しかし、全く、裏づけなどありません。

     ゾーンセラピーをとおして
        たくさんの方の人生にであいました。

     誰かが、一生懸命に幸せを祈ること。
        私はずーっとお会いした方の幸せを祈ります。


     私を生かせていただいているのも
         みなさんの沢山の想いです。

  ありがとう。

  他人の私の母の分まで

  結婚式に出てほしいなんて、
       このうえない幸せです。


   「癒されるよりも癒し手のほうが癒される」

    



   

      

     

  
               

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。