ブログは、 http://ameblo.jp/kiyomi-anpiel に切り替わりました。 こちらのURLをご登録の上、お楽しみください。
-- / --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


09 / 29
施術中にふとしたお客様との会話です。

「我が家は鮎がみんな大好きなんですよ」

「じゃあ、今度、僕が釣ってきてあげますよ」

「新鮮な鮎なんてうれしい!!お願いしまーーーーす!」

 なんて、軽い気持ちでお話しをさせていただいたのに、
 
 ある日、サロンにたくさんの鮎をお届けくださったのです。

 本当に、本当に釣ってきてくださったのです。

     心からお礼を申し上げます。
           ありがとうございました。

 早速、我が家に電話をいれて、今夜は鮎の塩焼きを食しましょうと

 連絡をいれたのです。

 スーパーにならんだ鮎とは違って、本当に美味しかったのです!!
  
 一人、一匹でなく、おなかいっぱいになるほど鮎をいただけて

 我が家は幸せでした。

   でも鮎には私しかない思い出があるのです。

   小学生のころの息子は鮎が大好きだった。

   育ちざかりの息子のお腹を鮎でいっぱいにするには

   大変です。

   こっそり、「ママは食べたくないないから」と
   
   息子にあげていました。

   息子の小学生の頃の我が家の食生活といえば

   それそれは、ふつうのご家庭とは違っていました。

   朝ごはんのメニューは、揚げ物、焼き物、炒めもの。
   
   朝から、焼肉のときもありました。
   
   夕ご飯のメニューは、煮込み料理や、和え物料など作りおきの出来るものって

   決まっていたのです。

   なぜなら、夕飯は仕事がら、いっしょには食べてあげられなかったから。

   息子が大人になって、「カレーは嫌いだ。子供の頃、毎日、カレーだったから」

   と言われて、一人ぼっちのさみしさを感じたときもありました。

   毎日、カレーであるはずがないのに、彼ににとってはカレーの毎日に思えたのでしょう。

   ある朝、鮎の塩焼きをだしたら

   小学生の息子は

   「ふつうのお家は朝は鮭だよ、鮎なんて、変だよ」

   と、ぽつり。


       仕事を家事を両立させるのに、一生懸命だった時代。

       「鮎の塩焼き」は忘れない思い出の一コマなのです。

       家族の思い出はやっぱり食卓から始まります。
                みなさんの思い出はなんですか。
        

 
 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。