ブログは、 http://ameblo.jp/kiyomi-anpiel に切り替わりました。 こちらのURLをご登録の上、お楽しみください。
-- / --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


03 / 29
2011年3月11日14時46分。

日本の新しい時代のための瞬間。

東日本地震において、被災された皆さま、関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。皆さまの未来を魂からお祈り申しあげます。

そして、現地で復興のために命をかけてくれていいる日本国の勇者の皆さまのそのご尽力に心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

今、私の口から、立派なことなど言えません。

でも、決めているんです。

私の身体の細胞のすべての魂は、誰かのために生きていようと。

20年の会社の歴史の流れの中で

最大の危機を迎えている真実もかくしません。

それでも、素晴らしい仲間が一生懸命に

未来のために生きてくれている姿を見ると

私は本当にしあわせです。

こんな時だからこそ、

もっと、私達の使命を忘れてはいけないと思うのです。

「真の癒しとは支えあいである」

20年かけて、やっとこの真の意味を教えていただきました。


       「頑張ります。一緒に頑張りましょう。

       本物の日本になっていくために。」



スポンサーサイト
03 / 06
今年も先月の2月に小学校の道徳の授業で「いのちの授業」を2校でやらせていただきました。卒業前の小6の子供たちへの授業です。
 都内をはなれた学校の授業で、家庭環境や学習環境が東京とは全く違う子供たち。東京の子供たちが恵まれた状況なのか、それともそれは反対の状況にいつの日かなり得るのか。今は分かりません。

 でも子供たちの瞳はキラキラです

 最初は少し照れながらのスキンシップも、授業の終盤には楽しそうにはしゃいで、「気持ちいい~!!」を連発しながら、大騒ぎ。

 元気な子供たちの声。その声に私たちが癒されます。

 子供たちに授業のまとめの時間に伝えた鈴木きよみのメッセージ

 「今、自分が悩んでいること全ては大人になったらでっかい味方になってくれるよ。そして21世紀は君たちの時代なんだ!!!!」

  昔の人たちの口癖でした。

    「苦労は若い時に買ってでも、苦労をしよう」

   今、苦しいと感じている私とみんなへのメッセージ。


03 / 03
今日は3月3日。

 気がつくと2011年が始まってもう3月。

 毎月書かせていただいている「ひとり言」を

 投稿できないほどの時間は快速電車の毎日だったような気がします。

 でもこの2月などは今まで、気がつかなかった自分のダメ人間ぶり。
 大人になっても気がつけずにいた自分の才能。
 個人としての自分を見直すチャンス。

 人間は不思議です。
 毎日自分が一番の同志でいながら
 日々が教えられることばかりなのです。

 
 3月はちょっぴりゆるりと生きて、
 この2か月をもう一度、もう一人の鈴木きよみが
 検証してみたいものです。

 お伝えしたいたくさんのことを
 これからまた鈴木きよみのひとり言だと思って
 聞いてやってくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。